エアサイクルハウジングの リフォーム・リノベーションとは︖

リフォームの検討は建物全体を診ることから

今の住まいをリノベーションしてあと20年30年と住んでいきたい

中古戸建やマンションを購入して、自分好みの間取りや内装に変えたい

こうしたリフォームで大切なのはまず建物全体を診ること。

特に木造住宅の場合は、雨漏れや壁の亀裂、設備の劣化など、目に見える部分だけでなく、床下や天井裏を確認して構造材の状況を知ることが大切です。

建替えか︖リフォームか︖

住み慣れた家を建替えるべきか、リフォームするべきか、悩まれる方も多いと思います。

弊社ではまず、建物の診断とお客様へのヒアリングを行い、建物の状態とご要望やご予算、建築基準法の規定を確認します。

その上でそれぞれのメリット・デメリットを客観的にご説明し、お客様のために一番いいと思われる方法をご提案しています。新築だけでなく、部分リフォームからフルリノベーションまで、多くの実績をもつ弊社だからこそのアドバイスもできます。

どっちが良いの?

永く、⽊の家に住むために

建物を支える木材の腐れやシロアリの被害にあう一番の原因は、雨漏れ、そして床下や壁の中に入り込んで抜けなくなった湿気です。

リフォーム前に建物の健康診断を行い、原因部位を発見して対処しましょう。

また、最近多く行われている断熱リフォームですが、注意が必要です。部分的な断熱改修、誤った気密工事が、かえって結露やカビを招くことがあります。建物全体の断熱と通気性のバランスをしっかり検討する必要があります。

流れる空気とホウ酸で家が長持ち

木の家の良さを活かし、木の家の耐久性を高める為に提案していること。

    〇家の健康診断・〇耐震診断・〇傷んでいる木材の交換・床下の防湿施工

    〇ホウ酸によるシロアリ予防

    〇流れる空気を確保する施工(木材が常に空気に触れて乾燥状態を保つよう、密閉状態をつくらないように施工します。)

マンションを自然素材でリノベーション

マンションは壁を撤去してまったく新しい間取りにすることが可能です。

無垢の木や漆喰等の自然素材を使ってお客様の暮らしにフィットする空間をご提案いたします。

北側の寒さ、南側の暑さの解消のために、流れる空気のリノベーションも可能です。

中古マンションをご購入して自分らしい間取りにリノベーションしたいという方も、是非ご相談ください。

⾝体に悪い材料は使いたくない

ホルムアルデヒド放散等級最上位規格F☆☆☆☆(フォースター)の建材でも、眼や鼻に刺激臭を感じ、頭痛がする、気持ち悪くなるなどの反応が出ることもあります。特に小さいお子様やアレルギーをもつ方は要注意です。

自然素材の活用

エアサイクルハウジングでは、住まいが原因で健康を害することがないように、使う材料の選択には社内基準を設け、特に注意を払っています。

バランスの取れた温熱環境を実現した住まい

建物の部分的な断熱リフォームはおすすめ致しません。

木材の呼吸を妨げたり、結露や腐れにもつながります。

家全体が温度ムラの少ない空間にするために、建物全体の連続した断熱施工と窓の断熱がとても大切です。