壁と天井を自然素材の漆喰で仕上げました

東京都八王子市 K邸 [ 一戸建て住宅]

築30年の家の全ての壁と天井を100%自然素材の漆喰で仕上げました。

施主様ご夫婦が吟味された材料を使い全体をデザインしました。
開放的でぬくもりある空間になりました。
仕上げ材はナラ・ヒノキ・サワラ・漆喰・土。

入居後10ヶ月

入居後10ヶ月。Kさん宅を訪問してきた時の様子。

対面キッチンからリビングを眺めた様子

お子様たちの様子が良く見えるよう、また視線が庭まで抜けて開放感が感じられるように、以前あった間仕切りを全て取り払いました。

和室

天然の土壁、無農薬のいぐさを使った畳表、手漉きの襖紙、を使用。
窓には内窓を設置し、床には全面的に断熱材を敷きこみました。

洗面台はオリジナルで製作しました

隣にある浴室の扉は引戸タイプにし、そのレール部分などの掃除がしやすいように洗面台は壁付けです。
ボウル、水洗、タオル掛け、カウンターのタイル、ミラーボックスは施主様のこれまでの生活スタイルとこれから始まる新しいスタイルを重ね合わせてじっくり選ばれていました。

床は、無垢のフローリングにも使える低温水式の床暖房を敷設しています。

特に日当たりの良い窓には外付けブラインド(電動タイプ)を設置しました。
羽の角度が調整できるので、日射遮蔽や視線対策に抜群の効果を発揮。セキュリティにも役立ちます。

同様の事例