マンションの水回りを自分好みに自然素材でリフォーム

千葉県佐倉市 [ マンション]

15年経ち古くなった洗面所とトイレを

使いやすく自分らしい空間にリフォームしました。


洗面所やトイレは毎日使う場所。

使いやすく掃除がしやすくなるだけで、
毎日の暮らしが快適になります。

リフォームプラン

after

after

【物件】
築15年マンション

【ご要望】
古ぼけてきた洗面所とトイレを使いやすくリフォームしたい
無垢材や陶器・タイルなど、自然の素材を使って、自分らしい空間をつくりたい

【工事内容】
・洗面台・メディシンボックスを既製品から造作家具へ交換
・トイレの機器交換、間口拡張、カウンター新設、建具造作
・洗面所・トイレの床を無垢材フローリングに張り替え
・洗面所・トイレの壁を漆喰の塗り壁に変更

トイレ(before)

トイレbefore

マンションのトイレは
タンク上に収納棚があることが多いのですが
高さが高すぎて使いにくかったり、
奥行きが深くて中が見にくい・・というご不満が多い様です。

タンク上の収納棚から
トイレットペーパーを取ろうとして
便器の水の中にボチャン・・ということも。


トイレ(after)

after

after

こちらのお宅では
リフォーム工事でトイレの幅を広げて
壁面に収納を造作しました。

便器に座ったまま、
トイレットペーパーの交換が可能です。

トイレの壁はビニールクロスから
漆喰(しっくい)の塗り壁にリフォーム。

漆喰(しっくい)壁は、
生活臭を吸収分解する力があります。
芳香剤を使わなくても、
すっきりとさわやかな香りのトイレになりました。

洗面所(before)

顔を洗う、歯を磨く、髪の毛を乾かす、
化粧をする、お風呂に入るために着替えるなど、
洗面所での行為は、
意外にたくさんあります。

洗面所はコンパクトな空間ですが、
その中でたくさんの行為が発生する多機能空間。

歯ブラシ、歯磨き粉、化粧道具、
ブラシ、ドライヤーなどなど、
たくさんの物が溢れてしまう洗面台の上。

毎日使う品物が多い洗面所こそ、収納計画が大切です。

洗面所(after)

after

after

【設備・収納】
こちらのお宅では、壁つきの収納を設置しました。
洗面台の上は、すっきり。
掃除のしやすさも格段にアップします。



マンションに使われるユニットタイプの洗面所は
プラスチック感がいなめません。

自然の木や陶器がお好きという
お客様のご要望をうけて
木製の棚に、陶器の洗面、そしてアイアンの蛇口を選びました。
洗面所全体がぬくもりのある温かい印象になりました。

【壁】
洗面所を脱衣所兼用にしている場合、
バスルームの湿気がこもりやすくなります。
マンションの場合、洗面所に窓がないことも多いですね。

風も光も入らない洗面所は
壁や天井にカビが発生しやすい場所となります。

湿度を調整する機能のある漆喰(しっくい)壁は、
湿気がこもりがちな洗面所でも、
カビの発生を抑制してくれる効果があります。


【床】
洗面所の床は、
水に強いクッションフロアを使うことが多いのですが
どうしても、足元がつめたくなりがちです。

無垢材の床なら、
冬に裸足でいても冷たく感じにくいのでお勧めです。

お客様の感想

【エアサイクルハウジング㈱を選んだ理由】

漆喰をやってくれる業者をネットで検索して見つけました。
ホームページを見たら、雰囲気が良さそうだったので、資料だけ取り寄せようと思ってメールをしました。
すぐに営業の方が電話をくださって、その時の対応が感じ良かったんです。

それで、ここにしよう!と。

お願いしてみて、とても信頼できると思いました。
私の好みや希望も、理解していただけて
それに合った提案をしてもらえたのが嬉しかったです。

本当は、トイレと洗面所と一緒に
キッチンのガス代の交換も考えてたのですが
「まだ綺麗で使えるから、次のお楽しみにしましょう」って
エアサイクルハウジング㈱の方から言われて。

プロの目と、お客様目線の両方を持ってくれてるところが信頼できるところですね。

同様の事例