リビング上の吹き抜けを塞いで床をつくりました

東京都八王子市 [ 戸建住宅]

吹き抜け(4畳)を塞いで二階に第二のリビングをつくりました

新しく張った床の一部はスノコ状にして光と風を通します
・・

リフォームプラン

◆リフォーム内容

・4畳分の吹き抜けをなくし、二層の床をつくる
一層目はスノコ状で光と風を通す
二層目はサワラフローリングでフタ状のものをつくり、簡単に取り外しができるようにしました

・二階の床を組むために、新たに梁をかけました。
そのため一部の壁の解体が必要でしたが、仕上げが漆喰でしたので部分的な補修で終わる事が出来ました。

吹き抜けに床が出現/Before・After

BEFORE

AFTER

4畳分が開いていた吹き抜けのうち左右の1畳ずつは床に、中央の2畳分がすのこ状の床に。

スノコの上に置く床は大工と創意工夫の懇親の作です。

当初は8mm厚のポリカーボネート板を置く予定でしたが、棟梁のアイディアで無垢材をつかいました。

さらに二階の梁を利用して
ロフト状の収納スペースをつくりました。

同様の事例