間取りを変えてもっと暮らしやすく / 東京都・首都圏でのリノベーション

住む人に寄り添う。大切にしたいのは住む人、ご家族の想い。

close

MENU

閉じる

page339 sos-7 - page

間取りを変えてもっと暮らしやすく

家族の変化に合わせたリノベーション

photo

お子様の成長、独立、二世帯にしたい、終の棲家にしたいなど、ライフサイクルによって今までの住まいも暮らしにくくなりますよね。

そんな住まいも、間仕切り壁を取り払って空間を広げる、可動式の壁をつくる、段差をなくしてバリアフリーにする、キッチンの位置を変えるなどの工夫で、今の住まいを大切にしながら暮らしやすいリノベーションができます。

今お困りのことをじっくり伺いながら、ご家族の暮らしに一番フィットする間取りをご提案します。

「段差以外にも気を付けたいのが床の素材と温度差です」

家の外と中の段差をなくす、部屋と廊下の段差をなくす、スロープを設ける。こうした方法はよく知られていますが、同時に気をつけたいのは床素材の使い方です。
ちょっと足元がふらつく高齢の方が、もしも畳から表面がつるつるしたフローリングに一歩足を踏み出したら??摩擦係数が違う床素材の組み合わせは要注意です。
また、暖房が効いている部屋から寒いトイレに行った時は?安全な住まいのためにも温度差のバリアフリーにもしっかり配慮したいですね。

photo

家族の成長に合わせて間取りを変更プラン

木造住宅二階建ての二階のみ 56m2のマンション
工事一式 380万円

キッズスペースはキッチンのすぐ脇にあり、家事をしながら様子がわかります。お子さんの成長に合わせて将来的には壁と引き戸を設置し、3つの個室+ロフトにする計画。屋根の勾配を活かしたリビングは開放的な雰囲気、ご家族でのびのびと過ごせます。

こちらでも間取り変更の施工事例をご紹介しています

お困りごとは何ですか?

HOME

施工事例 Pick Up!